文学女子に食べられて「同じサークルの先輩と後輩が」

文学女子に食べられてのストーリーの事実


文学女子に食べられる

文学女子に食べられて、出しても出してもガチガチ。この女の子は根っからのセックス好きです。

文学女子に食べられてのヒロインは気が弱そうでおとなしそう。

到底エッチ好きそうなタイプには見えないなあ。

そんな子に、ぶりっぷりのタマの中身、先っぽから射精されてしまう。

そんなエロマンガです。

顔に似合わず凄いもの持っています。

でも彼女のおもちゃになってしまいました。

彼はまだ童貞だから、彼女が楽しむ前に漫画の画像のようにたくさん射精してならしておかないとだめみたいです。

すごく濃くて、すごくエッチです。

硬くて、太くて、彼も、彼女も、双方ともに、おマンコとおチンコのニオイであたまクラクラ。

でも基本、ご褒美ではなく、お仕置きする、そんな漫画です。

文学女子に食べられてはエッチが大好きでサービス精神旺盛な女の子の物語。

男子を気持ちよくさせるのがすっかりはまってしまっています。

言葉攻めから始まって、やさしく手でしごきつつ、乳首も攻めてみたり,

その後はおくちで遊びます。

やらせてくれる文学女子は竿には何十分間も執拗に性感を高めるイタズラっこ。

限界まで焦らされて、男の子は発狂寸前です。

そんなにセックスするのが気持ちイイですか?でもエロ漫画ですので少し早漏ぎみです。(笑)

文学女子に食べられての登場人物は男子を辱めるのを快感にしています。

一見ご奉仕しているようにも見えなくもないですが、

彼女のたしなみなのかもしれません。

今日もいろエロやっています。

ドSなヒロインにいじめられて悦んでるヒーロー。

何度目の射精でしょうか。

彼女は一向に離してくれません。

初めてのテコキでおちんぽも喜んでいます。

次はどこで搾り取られるのでしょうか?

おててでしょうか?お口でしょうか?それともしたのお口でしょうか?

最初から最後まで逆転なし。なエロ漫画です。

文学女子に食べられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする